パターは4種類もあるの?!違いを知って自分に合うパターを選ぶコツ

ピンパター ファッション・グッズ

緊張した面持ちの選手がグリーンの芝目を慎重に読み、パッティングをする。そして、ボールはするするとカップへ吸い込まれるようにイン!なんて光景をテレビで見たことがある人は多いはず。

入れば天国、逸れたら地獄…とまではいかないまでも、繊細さを必要とするのがパターを使うシーンです。だからこそ、自分のフィーリングにピッタリ合うものを使うことが大切なのです!

そこで、4種類あるパターのタイプを知り、自分に合ったパターを選びましょう。相性が良いパターでラウンドすれば、グリーンにボールが乗ってからのスコアアップも狙えるかもしれませんよ!

Sponsored Link
Sponsored Link

パター(PT)とは

木戸愛

出典元:Blogolfer

グリーン上では、パターを使ってボールを転がしカップに入れます。

グリーンにボールが乗ったあとは、カップに沈めるまで、このパターが大活躍するのです。カップインするために使うゴルフクラブは、ルール上制限はありませんが、ローカルルールでパター以外の使用を禁止している場合もあります。

シャフトの長さに特徴があり、長いタイプ(長尺)から短いタイプ、そしてその中間(中尺)といった色々なものがあります。最近では、女子プロでも中尺を使う選手が増えています。

ヘッドの形も個性豊かなので、自分に合ったものを選びましょう。

使用場所:グリーン上、グリーン周り

必要度:

おもなパターの種類

パターは4種類あります。

ピンタイプ

ピンパター

出典元:GDO

ヘッドが棒状のパターです。ヘッドの両端の重量が重く、スイートエリアが広いので、ミスを少なくする働きがあります。

ヘッドが小型なので、重さでボールを転がすというよりも自分の感覚(距離感)で転がすといったイメージです。

ヘッドの動きをコントロールして、絶妙なタッチが出せるので、操作性に優れています。

マレットタイプ

マレットパター

出典元:DUNLOP

ヘッドが丸く大きめで、かまぼこ状をしたパターです。(かまぼこ型と呼ばれることもあります。)

重心が深いのでスムーズに動かすことができ、真っすぐ打ち出しやすいと言われてます。なぜなら、重心距離がパターの後ろに置かれているので、ストロークした時にブレが出にくい設計になっているから。さらに、ロングパットの距離も出やすいです。つまり、距離と方向のブレが少ないため、初心者にもピッタリなタイプです。

ネオマレットタイプ

ネオマレットパター

出典元:GDO

マレットタイプの進化型です。マレットタイプと何が違うのかというと、ミスに強く、方向性が出しやすいということです。なぜなら、マレットタイプよりヘッドの形が長方形に近いので、視覚的に構えやすく方向性が出しやすいからです。

また、ピンタイプより、打ったボールがまっすぐ出やすく、ミスの少ない最近人気のパターです。

ただし、ヘッドの形がいびつなので構えたときに違和感を覚える人も。気にならない人であれば、多くのツアープロ(宮里藍さんとか)が使用しているこのタイプ、オススメです。

L字タイプ

L字パター

出典元:golf-okamura

向きを目標に合わせやすいパターですが、スイートエリアが狭くなっています。

パターの選び方

長さをチェック

まずは長さをチェックします。女性の場合、32インチが標準です。自分で1番振りやすく、目標に合わせやすいものを選びます。

試打してみましょう

ショップにはパターを試打するコーナーがあります。何本か実際にボールを転がしてみましょう。

ボールを打った感触は、メーカーによっても随分違いがあります。

まとめ

イボミ

出典元:golfwear777

カップに入れるために使うパターは、正確な方向性と距離感が必要になるので、自分のフィーリングにピッタリ合うものを選びましょう。パターに関しては女性用にこだわらず、使いやすいものを選ぶのがオススメ。

グリーンにワンオンし、さぁ、あとはこのパターで決めるのみ!というシーンも、自分に自信を持てるパターがあれば心強くプレーできます。ぜひ、良き相棒となるパターを見つけて、ゴルフをもっとエンジョイしてくださいね!

パット率が上がると、スコアアップという嬉しいオマケつきです。

Sponsored Link
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ファッション・グッズ
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール