デパート”友の会”で、増税分もマイナス金利も取り戻す?!

マネー おトクinfo

“友の会”は百貨店のお客さま向け優遇サービス。毎月一定の金額を積み立てると、1年後に積み立てた金額以上の「買物券」などがもらえる仕組みです。

私の記憶によると、ここ数年あまり脚光を浴びていなかったこのサービス、今年になって、グングン人気を集めているとか。

というのも、日本銀行のマイナス金利政策で預金金利が下がっているので、「お得感」のあるこのサービスに注目が集まっているのです!

増税・マイナス金利などのニュースが飛び交い、節約ムードのご時世ですが、この“友の会”の仕組みを使えば、行きつけのデパートがある人、欲しい化粧品やブランドがある人は、いつもよりお得に買えちゃうチャンス!

今回は、入会者急増中の“友の会”についてご紹介します。

Sponsored Link
Sponsored Link

デパート“友の会”とは

デパート
デパート(百貨店)“友の会”は、半年または1年間、毎月一定額を積み立てていくことで、満期のときにボーナスがプラスされた商品券を受け取ることができるサービスです。

たとえば、毎月1万円を12か月積み立てると、1年後には1か月分の1万円がプレゼントとして上乗せされ、なんと合計13万円分が戻ってきます。

ただし、現金で戻ってくるのではなく、そのデパート(百貨店)で使える買物カードや商品券なので、確実にそのデパートで買い物する予定がある人にオススメです。

どれぐらいお得?

マネーハテナ
12
万円の積み立てで13万円戻ってくるので、年利回り換算すると…約15%!!

12万円で1万円なので、単純計算して約8%と表記しているものもありますが、最初に12万円預けるのではなく、毎月1万円ずつ預ける積み立てなので、複利利回りで計算します。

さらに、預貯金のように利子課税がないので、まるまる13万円を受け取れるのも魅力的!

買物前提の積み立ては、いくら必要かで決める

こんなにお得な“友の会”。積み立てを始めるときのチェックポイントは5つあります。

どのデパートにするか?

アイシャドウ
いつも買い物に行くデパートがあれば、早速“友の会”があるかチェック!あれば、積み立てを始めてみるというのはいかがですか。

初めてであれば、そのデパートによく買うファッションブランドはあるか、積み立て満期時に買いたいと思う商品があるか、食品売り場で買い物するか、などなど実際のお金の使い道をチェックしておきましょう。

使うイメージが持てるかは、選ぶときの判断材料になりますよ。せっかく積み立てしても、余計な買い物をしてしまっては、ただの無駄遣い。ぜんぜんお得ではなくなってしまいます。

コースは半年?1年?どっち?

友の会
ほとんどの“友の会”は12か月の積み立てコースが用意されています。

その中で、6か月が良いとなると、デパートは限られてきます。主なところだと、大丸・松坂屋、三越伊勢丹、東急百貨店、小田急百貨店の4つ。

また、6か月コースの場合、積立額は5,000円のみになります。6か月で3万円(正確にはボーナスも含めて32,000円)なので、買いたい物の予算との兼ね合いで選んでくださいね。

ちなみに、小田急と東急は6か月で32,500円なので、半年コースでも1年コースと変わらない利率なのが魅力です。

変わり種コースとしては、観劇招待コースなんていうものもあります。このコースは、ボーナスが観劇招待なので、観劇が好きな人にはもってこいのコースです。

毎月の積立はいくらがいい?

1万円札
一般的には、5,000円・1万円・3万円の設定がほとんどですが、なかには3.000円と少額コースを設けているところもあります。

ボーナスは各デパートで同じ?

12か月コースでは、プラス1カ月分。これはどこも同じです。

6か月コースでは、5,000円の積み立てで、ボーナスが2,000円。つまり、受取額が32,000円のところが多いです。

ちなみに、東急と小田急は、ボーナスが2,500円なので、ちょっとお得ですよね。

満期時の受け取りは…?

ショッピング
12
か月コースで最後の積み立てが終了すれば、ついにボーナスも含めて満期額が受け取れます!満期のお知らせハガキが送られくることが多いようなので、スタート月を忘れてしまっても安心。

満期額は現金ではなく、あくまでもそのデパートで使える商品券や買い物カード。たとえば、三越伊勢丹では友の会カードが買い物カードになりカードに満期額が入金される仕組みになっています。

デパートだからこそのメッリトも!

デパート
デパート“友の会”は、ボーナス以外にもメリットがいっぱいあるんです。例えば、常に買い物が5%、お中元やお歳暮の時期に5%、会員カード提示でレストランの食事が10OFF、系列にホテルがある場合はホテルの宿泊費が10OFFだったりします。

また、関西地区では宝塚歌劇団の鑑賞券の割引など、嬉しい特典がたくさんあります。

積み立てのボーナスはほぼ横ばいなので、こういったデパートの優待内容で決めるのもアりですよね。

入会・申し込み方法はとても簡単

HAPPY
入会って聞くと、面倒だなぁと思う方もいるかもしれませんが、とっても簡単です。

各デパートの“友の会”カウンターに行って、手続きをするだけ。必要な書類や印鑑を持参して、あとは申し込みをすればOK!特別な審査もナシです。

また、インターネットからも申し込みができるところもあるので、家にいながら手続きができちゃいます。

ちなみに、毎月の積み立ては、来店して入金or指定金融機関からの振替です。

まとめ

プレゼント
各デパートの“友の会”制度は、日本百貨店協会のホームページに詳しく説明されているので、ぜひお近くのデパートの情報をチェックしてみてくださいね。

20163月現在、“友の会”入会者数はグングン伸びています。

小田急百貨店のレディスクラブの入会者数は、2月中旬で前年同期比の約2倍。積立額は1番高額な3万円を指定する人が多いとか!

他にも、東武百貨店ではクレソンサークルの12か月コースが人気で、こちらも2月中旬の入会者数は前年同期比の約2倍!

注目の高さがうかがえる結果ですね。荒れ相場が続く2016年、“友の会”を活用して、賢くお得に乗り切っちゃいましょう!