“ふるさと納税”で震災復興支援!くまモンでお馴染みの熊本を応援する方法

がんばれ熊本 おトクinfo

くまモンでお馴染みの熊本県。4/14最大震度7という大地震と、その後しばらく続く余震の影響によりたくさんの被害が出ており、TV越しに見る現地の様子に胸が締めつけられるような思いを抱きました。

3.11以降、社会貢献やボランティア精神が高まっている中で、なにか熊本の役に立ちたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、仕事の関係で現地へ行くことが難しかったり、どう応援すれば本当に役に立つのか…って、実際にその立場になってみないと、ナカナカ分からないことが多いですよね。

そんな中、一連の地震で大きな被害を受けている熊本県の自治体に対して、“ふるさと納税”を活用して支援しよう!という動きが広がっています。

今回は、被災地支援の方法を“ふるさと納税”も含めて考えてみたいと思います。

Sponsored Link

自粛ムードよりも“支援”に繋がる行動って?

熊本城
3.11
のときもそうでしたが、みなさんの周りでも自粛ムードってありませんか?

私が勤めている会社では、3.11のときは送別会や歓迎会は自粛のためキャンセルになりました。また、今回も年度初めの進発式(決起会)は取りやめになりました。

たしかに、お亡くなりになられた方、怪我をされた方、家を失った方、避難所で生活されている方などがいるので、そのことを考えるとはしゃぐなということも分かります。分かりますが、自粛することが本当に被災した方々のためになるのか…疑問が残ります。

こういう時こそ、経済が活性化して世の中の資金が増えた方が、税収も増えて国の災害対策にも期待が持てるのでは?と安直なことを考えたりもします。

ホリエモンでお馴染みの堀江貴文氏もTwitterで、「自粛ムードは社会にとってよくない」「普段の生活をしながら、寄付など自分に出来る範囲で無理せず被災者支援を行うこと」と言及しています。

という訳で、どんな支援の方法があるのか主なところを見ていきたいと思います!

【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金

Yahoo!基金では、地震被災者、被災地支援のために、緊急支援募金を立ち上げました。Tポイントなら1ポイントから、ウォレット登録済みなら、最短1分で募金ができます。

また、“マッチング寄付”という仕組みで、みなさんの善意を2倍にする取り組みも!

例えば、100円の寄付をした場合、Yahoo! JAPANからも100円が寄付され、合計200円が被災者支援に使われるのです。ちなみに、Yahoo! JAPANからのマッチング寄付は上限2,000万円まで適用されます。

貯まっているTポイントがある方は、有効に活用するチャンス!手軽に支援できるのでいかがですか。

【日本赤十字社】平成28年熊本地震災害義援金

日本赤十字社でも受け付けています。

協力の方法は下記の5つあります。
①郵便振替[ゆうちょ銀行・郵便局]
②銀行振込
③熊本県支部での受付
④コンビニエンスストア端末[Loppi募金(ローソン)、Famiポート募金(ファミリーマート)]
⑤信用金庫での受け付け

ちなみに、会社をお持ちの方は、法人税の控除が受けられますよ。

【熊本県】平成28年度熊本地震義援金

熊本県では、熊本地震によって被害を受けられた被災者を支援するための義援金を、平成28415日(金)から630日(木)まで募集しています。

送金で支援する方法と、熊本県の出先機関(事務所)に義援金箱が設置されているのでそちらで寄付する方法があります。義援金箱の設置箇所は、東京・大阪・福岡の各熊本県事務所、県内の各広域本部・地域振興局です。

熊本県のHPには、税制状の控除についても書かれているので、制度を活用する方は参考にしてみてくださいね。

【さとふる】平成28年熊本地震災害緊急支援募金

417日、ふるさと納税のポータルサイト「さとふる」で、平成28年熊本地震の被災地域への「緊急支援募金サイト」が開設されました。“ふるさと納税”を活用して、被災地域に寄付金を直接送ることができます!

寄付を申し込むと、寄付金の全額が対象自治体に納められます。その後、寄付を受け付けた自治体から寄附金受領証明書が発行され、ふるさと納税の控除を受けられるシステム。ただし、「お礼の品」は無いのであしからず。

寄付できる金額は1,000円からで、対象となる自治体は「熊本県南阿蘇村」。今後、被害の状況によっては自治体が追加される場合もあるとのことです。

決済方法は、クレジットカード、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済、コンビニ支払い、Pay-easy決済に対応しています。ご自身が一番決済しやすい方法が選べるので、支援しやすいですね。

【ふるさとチョイス】で“ふるさと納税”

熊本県では、ふるさと納税で1万円以上の寄附をした方にくまもとの魅力を実感してもらうため、くまもと自慢の品(感謝の品)を用意しています。

ただし、今回の地震によって、感謝の品の生産者や施設が被害を受けている場合もあり、感謝の品を円滑に調達・発送できない可能性も。

そのため、要望の感謝の品の発送が遅れたり、発送自体ができない場合があるそうです。こういった非常事態なので、みなさん了承済みだとは思いますが念のため…。

寄附金の活用先を今回の地震対策に、という場合は、寄附の申込みをするときに、末尾の「その他・ご意見」欄に「地震対策分」と記入すればOKですよ!

熊本のアンテナショップに大行列

土産物店
4
17日(日)東京都内にある熊本県のアンテナショップでは、被災した熊本県を支援したいという人達が、開店前から長い行列をつくっていました。

通常の土日と比べて客数は2倍以上!店内は非常に込み合っていて、募金をする人の姿も。

訪れた人は、「いま、こういう大変なときなので、何か協力できないかなと思って。」「買物と義援金等で支援できればなと思って。」とのコメント。

義援金だけでなく、こういった消費活動で被災地を支援するなんていう方法もアリですよね。

まとめ

ガッツポーズ
何かしたい!という強い想いがあっても、相手にとって喜ばれるものでなければ、それはただの自己満足になってしまいます。

そんな時は、どんなものにも形を変えられるツールである“お金”の支援がオススメ。

被災直後は物資不足の解消が急務ですが、落ち着いてくると復興へ向けて動いていくことになります。やっぱり何をするにもお金は必要になってくるので、その部分を応援するという選択、いかがですか。

できることからコツコツと。普段の生活を送りながらでも、協力できるところを探して見つけ、行動に移してみましょう。一人ひとりの力は小さくても、みんなで協力しあえば、これほど大きな力はないのだから。

Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おトクinfo
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール