【ビギナー必見】覚えておきたいルールとマナー(コース内)

ゴルフショット ラウンド

ラウンドデビュー!ついにコースに足を踏み入れ、芝の感触、周りの豊かな緑に心躍るゴルファーも少なくないと思います。

しかし、デビューの余韻に浸ってばかりもいられません。

ゴルフ場は、隣のコースからボールが飛んでくる危険もありますし、自分が飛ばしてしまうこともあります。

また、たくさんのプレーヤーがゴルフを楽しんでいるので、周りに迷惑をかけないように振る舞わなければ、ゴルファーとしては失格。

残念なゴルファーにならないために、コースでの基本的なルールとマナーをご紹介します。

Sponsored Link

ボールが別のホールに飛んだら大声で「フォアー!」

キャディさんがいない、セルフプレーでラウンドをしている場合、ボールが別のホールに飛んだり、ほかのプレーヤーがいる方向に飛んでしまったら、危険を知らせるために素早く大きな声で「フォアー」と叫びます。

プレーヤーが唖然としているようなときには、一緒に回っているゴルファーが積極的に「フォアー」と叫んであげましょう。

その一言があれば、最悪の事故を防ぐことができます。

ゴルフショット

出典元:ゴルフ100切り

カートの乗り降りは迅速に

各ホールへの移動は、基本的にはクラブを持ったままカートに乗って移動します。

スロープレーは、周りに迷惑をかけてしまうので、乗り降りは素早く!

また、自分の打ったボールの位置やグリーンへ行くとき、歩いたほうが早い場合はカートに乗らずに歩いて行きましょう。

ゴルフカート

出典元:PGM

自分の打つ順番を把握する

最初のホールのティショットはくじやじゃんけんなどで決め、ティショット以降はピンから遠い人が先に打ちます。

次のホール以降のティショットは、前のホールで1番スコアが良かった人から打っていくのがルール。

打つ順番を間違えても、ルール上はペナルティになりませんが、マナーとしては失礼になります。

常に誰が打つのかを意識して、自分の順番を把握しておきましょう。

クラブを2~3本持って、移動は小走り

2打目以降は使いそうなクラブを数本と予備球を持って、次の打点ポイントへ。

いざボールのところに行ってみると持ってきたクラブでは距離が合わず、カートにクラブを取替えに行ったりなどを繰り返していると、どうしてもスロープレーになってしまいます。

また、小走りでボールに早く到着するほうが、次のショットの準備がゆっくりできます。

余談ですが、この数本まとめてクラブを持っていくことを、トラベルセットと呼ぶ人もいます^^;

スコアカウントはしっかり

ゴルフは自分のスコアを各自でカウントします。

余裕がない初心者はボールを進めることだけで目一杯なので、「あれ?いま何打目だっけ?」なんてことがないように、しっかり数えておく必要あり!

自分でカウントする自信がない人は、スコアカウンターのお世話になるのもアリです!

キーチェーンタイプやグローブに留めるタイプなど、たくさんの種類があります。

まとめ

ゴルフは前に進むスポーツ。

ゴルファー11人が「プレーファースト」を心がけ、前の組にしっかり付いていくことはもちろん、後ろの組にも迷惑をかけないように、常に気にかけることが大切です。

マナーをわきまえたスマートゴルファーって素敵ですよね!ぜひ紳士淑女のスポーツらしい振る舞いを身に着けてください。

初心者のうちは芝を走り回ることがどうしても多くなるので、体力の配分と適度な水分補給もお忘れなく♪

水分補給

出典元:GOLF NETWORK PLUS

Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ラウンド
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール