池上本門寺 お会式(おえしき)って何?見どころ・屋台・御朱印などをご紹介【2016】

お会式 イベント

20161011日(火)~1013日(木)の間、東京都大田区池上にある池上本門寺でお会式(おえしき)が開催されます。

毎年30万人を超える参拝者が全国から訪れ、大いに賑わうこの行事。特に、「万灯練供養」とよばれる行事は見どころ満載です。

両親とともに初めて訪れましたが、万灯行列や大堂での”唱題行”の熱気がすごくて圧倒されちゃいました!そこで今回は、そもそも「お会式」ってなに?というところから、屋台、御朱印などの様子も盛り込んで、この行事の雰囲気をみなさんにお届けしたいと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link

お会式(おえしき)ってなに?

お会式
お会式は、弘安51013日ご入滅された日蓮聖人を偲び、1011日、12日、13日と行われる法要。

日蓮宗の寺院は全国にあるので、1013日を主として各地でお会式を行っていますが、日蓮聖人御入滅の霊跡である池上本門寺のお会式がいちばん大きく執り行われています。

この期間には、全国から30万人を超えるたくさんの参拝者が池上本門寺を訪れています。

平成28年 御会式(おえしき) 池上本門寺
【開催日時】
 2016
1011()12()13()3日間
 万灯練供養10月12日18時~23時頃
【開催場所】
 池上本門寺(いけがみほんもんじ)
 東京都大田区池上1-1-1

見どころは?

お会式
なんといっても中日に行われる「万灯練供養」が見どころです。日蓮宗信徒3,000人が、「テンテンツクツク♪」と独特の拍子をとりながら、笛やうちわ太鼓、鉦の音色と共に万灯練供養の行列をなし練り歩きます。

お花で飾られた万灯が夜の闇の中に光を灯し、なんとも幻想的です。このお花は“桜の花”を模して造られたもので、「日蓮聖人が亡くなるときに季節外れの桜が咲いた」という言い伝えからきているとのことです。

行列は、池上駅の周辺から池上本門寺までの約2kmの道のりを、纏(まとい)を持った江戸火消し衆が先導しますよ。

動画で見る場合はこちら

屋台の内容は?

お会式
駅前から池上本門寺まで、左右に屋台がずらりと並んでいます。特に、「万灯練供養」のある12日は最も混雑しますが、その分屋台の出店数も多いです!ちなみに、12日で屋台を片付けてしまうお店が多いので、13日は閑散としているようですよ。

定番の焼きそば・お好み焼き・たこ焼きなどの「粉もの系」、りんご飴やチョコバナナ、綿あめなどの「スイーツ系」、唐揚げや串焼きなどの「お肉系」などなど、バリエーション豊富。ケバブなどの世界のグルメもあるので、国際色豊かとも言えます。

ちなみに私は、大好きなビール片手に、フランクや焼きそば、たこ焼きをいただいてきました☆こういうとき、ウェットティッシュやゴミ袋を持参すると便利でいいですね。

池上本門寺には「ご朱印」と「御首題」があるんです

御朱印
池上本門寺では、ご朱印帳(他寺社のご朱印があるもの)には「ご朱印」を、御首題帳(日蓮宗寺院のみの御首題)には「御首題」を授与しているそうです。

私は、他寺社のご朱印があるものを持参したので、「ご朱印」を参拝の証としていただきました。お会式の期間中だったので、通常のときと少し違い「お会式」の文言が書き記されています。

ご朱印(御首題)は、大堂・総合案内所にていただくことができますよ。

まとめ

お会式
当日は交通規制が敷かれているので、池上本門寺付近に車で行くことができません。そのため、電車を利用する人が沢山いる訳ですが…かなり混みますので、移動を早めにできる場合は早めにされることをオススメします。

大堂での”唱題行”も、唱えていると自然と気持ちが落ち着いてきて、このままずっと唱え続けていられるかも!?という一種のトランス状態?とでもいいましょうか、不思議な心地になります。

仕事などで日々何かに追われている方には、一度静かに心と体に向き合う良い機会になりそうです。とはいえ、周りはお祭り騒ぎといった感じでザワザワしていたりはするんですけどね。。

Sponsored Link
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
イベント
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール