ビギナーもこれで完璧!ゴルフの成績表、スコアカードの書き方とコツ

スコアカード 知識up

ゴルフには野球やサッカーのように審判がいる訳ではないので、スコアはプレーヤー自身が管理します。

ちなみに、ゴルフ場ごとに専用のスコアカードがあるのですが心配はご無用。

どのスコアカードも中身の要素はほぼ同じなので、書き方が分かっていれば問題なしです。

 

スコアカードの基本的な書き方を覚えておくことはもちろん大切ですが、じつは、ちょっとした書き方の工夫で、ラウンド後に自分のプレーの見直しもできるんです!

 

そこで、スコアカードの書き方と、今後のゴルフ練習に役立つコツをご紹介します。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

スコアカード

スコアカード

出典元:mizuno

まずは、スコアカードの全体をご覧ください。

各々の部分の詳細について、これから説明していきますね。

 

ホールのハンディキャップ

ホールの難易度を表す1~18の数字が示されており、数値が小さいほど難しいホールとなります。

通常、奇数は「アウトコース」に、偶数は「インコース」に付けられているので、ハンディキャップの1番は、アウトコースの中で1番難しいホールということになります。

ゆえに、ハンディキャップ1番のホールより4番のホールのほうが難しいなんてことも?!

 

パー

各ホールには、何打でボールをカップインするか規定打数が決められています。

これを「パー」といい、ショートは3、ミドルは4、ロングは5、とホールごとに規定打数が違っています。

パー4 のホールを、規定打数の4打でプレーできるとパーになります。

 

自分の打数

各ホールごとの自分のスコアを数字で記入します。

パター数を書く欄があることもあります。

 

パター数を書いておくと、後で見直した時に、ショットが良かったのか、パターが良かったのか、何が良くなかったのかを見極めるための反省材料になりますので、余裕があれば記入しておくと後々役に立ちます。

 

同伴競技者の打数

ゴルフラウンド

出典元:gn-plus

各ホールのホールアウト後、同じ組のプレーヤーのスコアを聞いて記入します。

カートでの移動時に、お互いのスコアを確認して書き込むこともあります。

 

自分の名前、同伴競技者の名前

名前の欄の1番左に自分の名前を、その左の3つの欄に一緒にプレーするメンバー全員の名前を書きます。

名前の書き方には決まりがないので、順不同や略称、イニシャルなどでも大丈夫です。

 

ヤーデージ

ティグラウンドからグリーンまでの距離が、各ティごとに示されています。

ラウンド中は各ホールの片側、もしくは両側に、数字の入った杭などで距離が分かるようになっています。

コースによって、グリーンセンターまでの距離だったり、グリーン手前のエッジまでだったりと異なっているので、プレーのときは気をつけてくださいね。

 

ハンディキャップ

プレーヤーのハンディキャップを記入します。

上級者ほど数値は小さくなります。

元々ハンディキャップとは、色々なレベルのプレーヤーが一緒に競技をおこなうときに、その技量に応じてハンデをつけるという発想の下に生まれました。

 

合計打数

アウトとインの合計スコアを記入します。

これが1ラウンドのスコアとなり、「グロススコア」ともいいます。

 

ちなみに、18ホールのゴルフ場は「アウト」の9ホールと「イン」の9ホールで成り立っています。

アウトとは、通常1番~9番ホール(=フロント9)のことをいい、インとは、10番~18番ホール(=バック9)のことをいいます。

 

ネットスコア

合計打数(グロススコア)から、ハンディキャップを引いたスコアを記入します。

 

本人サイン

コンペやハンディキャップ算出のために提出する場合は、自分のフルネームをサインしてください。

 

友人の一人は、この本人サインを忘れてしまい、大会で入賞だったはずが、棄権になってしまったというトホホ体験をした人もいますので、忘れずに記入しましょう。

 

同伴競技者のサイン

プレーの後、アテストをしてもらった同伴競技者(マーカー)がサインを記入します。

 

※アテストとは:

正式競技の場合、公平性を保つため自分でスコアをつけず、基本的には一緒に回ったプレーヤー同士でスコアをつけます。

マーカーがそれにサインしたものに対して、プレーヤーが承認のサインをすることでスコアが成立します。

この時のマーカーのサインのことをアテストといったり、一連の作業自体をアテストと呼ぶこともあります。

 

次回のプレーにつながる書き方のコツ

ショット数やパット数を、スコアカードにメモしておくのがオススメです。

余裕があれば、各ホールでのバンカーやOB、池に入った回数などをメモしておきましょう。

後で自分のプレーを見直すことができるので、得意や苦手分野を発見・分析して練習することで、次のプレーに活かすことができます。

 

まとめ

スコア管理アプリ

スコアカードは、その日一日の成績表です。

ラウンドの後にスコアカードを見ると、たくさんの情報を得ることができます。

 

自分の強いところや弱いところがわかるので、次回のラウンドまでに、問題点を徹底的に攻略しましょう。

勉強でも、テスト後の復習が大切といわれていますので、ゴルフでも復習をしっかりとすれば、どんどんスコアアップが狙えるかも?!

 

最近は、スコア管理アプリもたくさんあるので、自分に合ったアプリでスコアを管理するのもオススメです。

「あれ?この前のスコアいくつだっけ?」といったときに、過去のスコアや平均スコアなどが確認できるので便利ですよ。

Sponsored Link
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
知識up
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール