ウソ?ホント?誰にも聞けないゴルフの10の質問

レディスゴルファー 初心者

ゴルフはおじさまのスポーツ?お金がかかるから、リッチな人しかできないスポーツ?

世の中では、ゴルフにまつわる色々なイメージや憶測が飛び交っています。

でも、何が本当で何が本当でないのかは、なかなか判別つかないもの。

そこで、これからゴルフを始める人のために、ちまたでよく聞くゴルフの10の質問を挙げ、ひとつひとつ疑問を解消していきたいと思います!

Sponsored Link

運動が苦手な私は、ゴルフに向いてない?

ゴルフは老若男女が楽しめるスポーツ!運動能力や体力の心配は無用です!

ゴルフに瞬発力はあまり必要なく、力が強ければ有利という訳でもありません。

ときには体力のない女性のほうが成人男性を上回る腕前を発揮することも。

カートに乗ってのラウンドなら、歩く体力があれば問題なしです!カート

ゴルフはお金がかかるってホント?

ゴルフ道具の値段もプレー料金も千差万別です!

ゴルフ場の会員になったり、高価なクラブを購入するにはある程度の出費が必要です。

格安のゴルフ場やサービスディ、早割・直前割引などを利用したり、安売りのクラブや中古クラブを購入すれば、諸経費を含め1万円前後から楽しめます。

ただし、遠方の場合は交通費が加わります。

ゴルフのシーズンはいつ?

1年中プレー可能ですが、春と秋がベストシーズンです。

真冬は雪などでクローズするゴルフ場もありますが、基本的には年間を通して楽しめます。

屋外での気温が快適な春と秋がベストシーズンで、この期間や土日、祝日は料金が高めに設定されています。

プロの競技は3月~11月頃。

ただ、春は花粉症の人にとってはちょっと辛いかもしれないですね。

ゴルフコース

出典元:GDO

左利きの場合、特別な打ち方やクラブはあるの?

左利き用のクラブがあり右利きの人と逆を向いて構えます。

右利きの人は通常左(肩)が飛球方向になるように構え、左手を中心にグリップして打ちます。

左利きの人は逆に右手を中心にグリップして逆に立ちますが、クラブは右利き用が多いため、ゴルフに限っては右でグリップする人も。

ルールが難しいので、覚えるのが大変?

細かいルールが定められていますが、すべて暗記する必要はありません。

ゴルフには審判がいないので、プレーヤー自身がスコアを数えてプレーします。

気持ちよくラウンドするために、コースに出る前に基本的なルールやマナーを頭に入れることは必要ですが、ルールを全部覚える必要はありません。

ルールももちろん大切ですが、一緒にラウンドする仲間とお互い気持ちよく過ごせるように、心配り・気配りをお忘れなく。

クラブは14本そろっていないとマナー違反?

使用するクラブの本数は自由。初心者は少なくてOKです。

ゴルフ場で使用するクラブは、本数が少なくても決してマナー違反ではなく、上級者でもフルセットの14本より少ないクラブでプレーする人もいます。

ハーフセットを持参したり、難しいクラブや練習していないクラブを除いても問題ありません。

ゴルフセット

出典元:GDO

Tシャツ、GパンでラウンドしてもOK?

ゴルフ場では襟付きが基本でジーンズは禁止です。

また、ラウンド中、首にタオルやシャツを出しているのもNGです。

クラブハウスではジャケット(ネイビーのブレザーなど)着用を義務づけているコースもあります。そうでない場合も、目上の人やお客さまと一緒のときは、ジャケットを着ていると好感度が高いことも。

気心の知れた仲間とのプレーでも、サンダル履きやGパンはゴルフ場でマナー違反になるので要注意!

クラブハウス内の服装

出典元:GDO

ゴルフ場のプレー時間ってどれくらい?

1ラウンド45時間です。

ゴルフ場でのラウンドというと1日中かかるイメージですが、実はプレー自体は前半・後半各2時間~2時間半程度で、合計でも45時間。

8時頃にゴルフ場に到着した場合、着替えや昼食、シャワーやお化粧直しなども含め15時頃に終了です。

ラウンドの日に寝坊してしまった!どうしよう…?

ゴルフのラウンドは時間厳守!遅れてしまう場合は早めに連絡を。

ゴルフ場ではたくさんのプレーヤーが決められた時間にプレーするので、厳密に時間を守ることが重要です。

事故や渋滞などでやむを得ず遅れる場合は、早めにゴルフ場に電話を入れると、スタート時間を変更してもらえることも。

車でゴルフ

出典元:GDO

ゴルフ場でプレーできるのは、メンバーだけ?

メンバーにならなくてもプレーできるゴルフ場がほとんど。

ゴルフ場は会員権を買ってメンバーになるシステムのところがほとんどですが、メンバーにならなくてもプレーはできます。

会員の紹介や同伴を義務付けるのが基本ですが、最近では必要ないところもたくさんあります。

まとめ

ゴルフのあるある質問を挙げてみましたが、思っていたよりも、ゴルフはとっつきやすいスポーツだということが、お分かりになったのではないでしょうか?!

さぁ!疑問を解消したら、ゴルフの世界へ思い切って飛び込んでみましょう!

始めてみると、案外ハマってしまうかも。

ゴルフは小さい子どもから大人まで、更には老後までずっと楽しめるスポーツなので、食べず嫌いをしてしまうともったいないですよ!

レディスゴルファー

出典元:GDO

Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
初心者
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール