どのクラブをどの場所で使う?ビギナーが知っておきたい9つのポイント

ゴルフクラブ 初心者

ゴルフクラブも買い揃え、さぁラウンドだ!とコースに出てみたはいいけど、どの場所でどのクラブを使えば良いのかわかりますか?ゴルフバッグに沢山クラブは入っているけど、適材適所で使ってあげないと、宝の持ち腐れになってしまいます。

そこで、状況に合ったクラブの選び方をご紹介します。コースは練習場と違って平らな所がほとんどないので、クラブ選択によってスコアアップもダウンもありますよ!

Sponsored Link

ティーグラウンド

1打を打つところ。レディースティー(通常:赤)から、フルバック(通常:黒)まで複数あり、一般男性は、レギュラーティー(通常:白)を使うことが多いです。ティーアップして打てます。

ショートホール以外はドライバーを使うことが多いですが、方向性重視のときは、フェアウェイウッドアイアンなども使います。(ショットの飛距離がある人はOBしやすいので。)ティーグラウンド

フェアウェイ

芝を短く刈ってあるところ。距離を出したいときはフェアウェイウッドを使います。

また、池などの障害物に入らないように、ボールが届かないクラブをあえて選択する場合もあります。

フェアウェイバンカー

コースの途中にある砂の入った窪地。「アゴ」と呼ばれるフチの高さや距離によって、ショートウッドユーティリティアイアンなどを選択します。

バンカー

出典元:GDO

ラフ

芝をあまり刈っていないところ。ボールが埋まるほど長い場合はショートアイアンを使います。少し長いくらいなら、そこまで芝の影響を受けないので、ミドルアイアンユーティリティなども使えます。

ウォーターハザード

池や川の総称。黄杭や赤杭で区切られています。

それぞれのルールに基づいてドロップ地点から1打罰(実際の打数に+1打)で打つことになるので、入れないように心がけましょう。

ちなみに、「ウォーターハザード(コース内にある池)」は黄杭、「ラテラルウォーターハザード(コースの側面にある池)」赤杭で囲まれていますよ!

OBエリア

白杭で区切られているコース外のプレイ禁止区域。入ると元々打った場所から打ち直し+1打罰になるので注意!

ローカルルールで前進4打のルールがあるホールはそれに従います。

1打目で入った場合は、打ち直した球が3打目になります。

ガードバンカー

グリーン周りにある砂の入った窪地。通常サンドウェッジを使います。

バンカー

出典元:GDO

グリーン周り

パターが使えるところは、球を転がしてグリーンに乗せると失敗が少ないです。

そのほかウェッジアイアンを使うこともあります。

グリーン

グリーン面を保護するため、通常はパター以外のクラブは使用禁止です!

まとめ

ゴルフはいろんな場面で14本のクラブを使い分けるので、クラブにはたくさんの形があります。

各ホールをできるだけ良いスコアであがるためには、コース内のさまざまな障害物や自分の飛距離など把握し、それを考慮してクラブを選ぶのがコツです。

最初は自分自身のことも良くわからないので、どのクラブを使ったら迷うことも多いと思います。そういう時は、一緒にラウンドする仲間に相談してみましょう。きっと素敵なアドバイスがもらえるはずですよ!

ゴルフコース

出典元:GDO