意外と知らないボールのお手入れ&カラーボールの秘密

ゴルフボール ファッション・グッズ

ボールを買って、ラウンドで使って、そのあと…どうしていますか?プレー中に泥や芝で汚れたらササッと拭いて、キャディバッグやカートバックに収納して、「はい、おしまい」という人けっこう多くいるのではないでしょうか。

せっかく買ってきたボール、できるだけキレイなまま長く使っていきたいですよね。そこで、意外と知らないボールのお手入れ方法をご紹介します。汚れたら?長持ちさせるには?寿命はどれくらい?etc…という疑問にズバリお答えしますよ。

また、カラーボールは選ぶ色によって視覚効果が全然違ってくるって知ってますか?そのあたりもまとめてご紹介しちゃいます!ボールの豆知識をGETしたら、あとは実践するのみ。ボールと上手に長く付き合っていきましょうね!

Sponsored Link

汚れたらどうする?

ディンプル(ボール表面についた窪みのこと)についた汚れは取りましょう。たいていの場合、布で拭けばキレイになります。水洗いをしても大丈夫ですが、必ず乾拭きして水気は取りましょう。その際、洗剤などで洗うのはNGですよ!雨でボールが濡れてしまったときも、必ず拭き取ってくださいね。

傷ついたらどうする?

多少傷がついても問題ありません。しかし、カート道などで跳ねたりしてダメージを受け、明らかに大きな傷がついたボールは使わない方がベター。また、小さな傷だったとしても、打ってみてこれまでと違った感じがしたときは、使うのを控えましょう。

長持ちさせる秘訣は?

キャディバッグ

出典元:chinhara

ボールの性能が低下する恐れがあるので、高温・多湿の場所に置いておくのは避けましょう。よく、ボールが入ったキャディバッグを車の中に置きっぱなしという人がいますが、ボールの品質を損なってしまいますよ。暑い夏は特に注意が必要です!

寿命ってどれくらい?

女性は男性に比べてそこまで力が強くないので、ボールに与える影響も少なく、大きな傷がつかない限りは使い続けることができます。とはいえ、あえて目安をあげるとすると、5年くらいはボール本来の性能のまま使うことができるでしょう。

カラーボールと通常の白いボールの違いは?

女性に人気がありよく使われるカラーボール。ピンクやイエローなどの色がついたボールと白いボールでは、お手入れ方法に特に違いはありません。カラーボールも白いボールと同じようにメンテナンスしてくださいね。ちなみに、色の濃いカラーボールの方が、汚れは目立ちにくいですよ。

色によって違う!カラーボールの視覚効果

ピンク系

ピンクゴルフボール

出典元:seventwo

女性に大人気のカラーといえば、なんといってもピンクです!ピンク好きなキャラクターとして知られ、「ピンクパンサー」と呼ばれたポーラ・クリーマーも御用達のカラーです。

視覚効果としては、ボールが軽く見えるという効果が。ピンクと聞くと、派手なイメージを浮かべる人もいるかもしれませんが、芝生のグリーンとの相性はバッチリ!目に優しい印象です。ボールが大きく見えるというメリットもあります。

強いてピンク系のゴルフボールの注意点を挙げるとすれば、ピンクの色の濃さです。あまりに薄いパステルピンクのようなカラーだと、ピンクの意味がなくなるだけでなく、コース上においても発見しにくくなってしまいます!

オレンジ系

オレンジゴルフボール

出典元:Golfaholic

オレンジ系カラーボールの特徴は、なんといっても見やすさです!打ったあとのコース上での見やすさのみならず、ショットする際も存在感があるので、しっかりとミートさせてくれます。安心感抜群のカラーといえますね。

オレンジ系ゴルフボールを選ぶ際に気をつけておきたいことは、あまりに濃すぎるオレンジは、目が疲れやすいということです。それ以外においては、かなりオススメカラーといえます。

イエロー系

イエローゴルフボール

出典元:Aliexpress

芝生の色に溶け込んでしまいそうな…そんな印象があるのがイエローのカラーボールです。しかし、じつは芝生との相性は抜群!ボールの色がハッキリしているので識別しやすいにも関わらず、目が疲れてしまうほどの存在感はありません。

ボールとの距離感もつかみやすく、クラブも自然に振れるというメリットも。落ち着きやリラックス効果を与えてくれる効果もあるカラーなので、最も自然に使える色のボールともいえます。

グリーン系

グリーンゴルフボール

出典元:IGMonline

最後はグリーン系のカラーボールです。このカラーは芝生との相性というよりも、まず色自体が芝生に溶け込んでしまします。もちろん、どの程度の濃さのボールを選ぶかによっても変わってきますが、カラーボールを選ぶ際に最も注意する色といえます。なるべく濃い色を選ばないと、芝生の中で発見が難しくなってしまう可能性も!?

ただし、白に1番近い感覚で使えるという意見もあります。あまり派手なカラーボールは気が引けてしまうけれど、他の人のボールと間違えないようにしたい!という人にはオススメのカラーです。

まとめ

横峯さくら

出典元:ALBA

最近のゴルフボールにおいて大きな変化といえば、性能面というよりはゴルフボールのカラー化が挙げられます。そして、じつはカラーボールは25年ほど前に1度流行しているんですよ!なので、ベテランプレーヤーの中には、当時使っていたという人もチラホラいるかも。周りにその年代くらいの方がいたら、話のタネにしてみても良いかもしれませんね。

ちなみに、ボールは天気によっても見えやすさが違っていて、曇りの日は白いボールが見えにくくなってしまいます。そうしたことから、基本的には何種類かのカラーボールを用意しておくと、他のプレーヤーとかぶらず、天気などの環境にも対応しやすくなりますよ。

その日のコンディションに合わせたボール選びで、ナイスショットを連発!なんていうのも素敵ですよね。