ゴルフのベストシーズンっていつ?季節にあわせたゴルフの楽しみ方のコツとは

レディースゴルファー ラウンド

春・夏・秋・冬。それぞれのシーズンごとに、美しい景色や美味しい食べ物、イベントなどがあり、飽きる暇もなく季節の移り変わりを楽しめちゃうのが日本ですよね。そして、日本でのゴルフのベストシーズンといえば、なんといっても春&秋です!

春は新緑のグリーンや桜のピンクが目にも鮮やかで、快晴のなか鶯が鳴いていたりすると、本当にゴルフをやっていて良かった~と思うくらい気持ちが良いです。

また、秋の紅葉シーズンは、フェアウェイのグリーン色と真っ赤に色づいた紅葉の、そのコントラストにため息ものです。

とはいえ、夏と冬だって捨てたものじゃないんですよ!そこで今回は、季節ごとのゴルフの楽しみ方と、気候にあわせた気を付けるべきポイントをご紹介します。春や秋でなくても、ちょっとした工夫で年中ゴルフを楽しんじゃいましょう!

Sponsored Link

桜満開で気持ちの良い春(3月~5月)

桜のゴルフ場

出典元:NikkeiGolf

長かった冬が終わり新緑が芽吹く春は、まさにゴルフのベストシーズン!ポカポカ陽気の中プレーをしていると、本当に気持ちよくて「ゴルフやってて良かったな~」と無意識に呟いてしまうような、そんな季節です。

緑の自然の絨毯の上を歩き、どこからともなく新緑の香りも感じられ、更に森林浴でマイナスイオンを浴びることができるので、ヒーリングスパにいるような気分に!日頃の疲れを癒すのにピッタリですよ。鶯も時々鳴いたりしているので、なんとも穏やかな雰囲気で、非日常を味わえます。

そして、仲の良い友達や先輩たち4人で回ればピクニック気分!もはやスコアは二の次でとっても楽しい時間を過ごすこともできちゃいます。4月はいつものお花見と趣向を変えて、ゴルフをしながら桜を愛でるのも粋ですよね。

満開の桜にゴルフ場はピッタリの景色なので、カメラを持って写真を撮るのもオススメです。ただし、前後のプレーヤーの邪魔にならないよう、マナーは守ってくださいね。

暑さ対策が必須の夏(6月~8月)

梅雨をぬけたと思ったら、7月、8月の猛暑と炎天下でなかなか厳しいシーズンです。特に女性にはお肌の大敵である紫外線が降り注ぐ時期でもあるので、暑さ&日焼け対策でプレーに身が入らない可能性も。

また、うだるような暑さの中でのラウンドでは、冷たいドリンクは必須アイテムです。家でポットに入れて持ってくると、冷たさをキープできるのでオススメ。なくなったら、茶店やクラブハウスでお水を入れてもらったり、自動販売機などで買ったドリンクを入れ替えたりもできますよ。熱中症対策に塩分を含んだキャンディを持っていくと、好感度アップも狙えるかも!?

服装は、日よけになる涼しい素材の帽子、冷感持続スカーフなどがあると、暑さもやわらぎますよ。長袖でも涼しくて紫外線カット機能のあるウェアは、1枚あると重宝すること間違いなしです。

夏はラフが深いことが多いです。深いラフのショットは、最初から覚悟しておくことが必要!絶対にムリをしないことをオススメします。まずは、安全にフェアウェイに出すのが基本ですよ。

紅葉狩りまでできちゃう秋(9月~11月)

秋は、春に次ぐ良いシーズン!暑さが過ぎて爽やかな気持ちでプレーできます。特に紅葉のシーズンは、山が萌えるがごとくで、ゴルフ場であるにも関わらず小旅行気分が味わえます。

週末を使って、12日ゴルフ旅行なんていうのも良いですよね。温泉に浸かって、親友や恋人などとラウンドをすれば、とっても贅沢な時間を過ごせます。1日目は運転の心配もないので、ごはんを食べながらお酒を楽しむこともできますよ。お酒好きにはたまらないですね。

また、春と同じく、写真を撮るのにも良いシーズンです。

キーンとした静けさを味わえる冬(12月~2月)

ゴルフ場の冬
夏よりも厳しい日が多いのが冬。4シーズンの中でも断トツで厳しいシーズンです。

なぜなら、まずは暖かい服装で行く必要があるから。ニット素材などの冬用帽子や指出し手袋が活躍します。また、マストアイテムのホッカイロは、12個ウェアのポケットに入れておくとGOOD。ゴルフ場に置いてある所もありますが、無かったときのことを考えると、自分でも数枚用意しておきましょう。

自分の好きな飲み物を入れたポットを持って行き、ホールの間に暖をとるのも良いですよ。

冬場はどうしても服装が重ね着になるので、カラダの動きが充分にとれず、本来のスイングができないことが多くなります。なので、いつもより朝の練習で充分カラダをほぐし、そして本番では、いつもよりゆっくりとしたスイングをすることが重要です。

ゴルフ女子

出典元:biranger

寒さだけでなく、まずグリーンが凍っていることが多く、直接グリーンにオンするとだいたいグリーンオーバーに。トラブルになるので、常に手前に乗せるか、グリーン手前のエプロン(フェアウェイからグリーンにかけての芝を短く刈り込んで整えられた場所)でOKという対応が必要なことも。安全第一でプレーしましょう!

ガードバンカーに入ると、砂が凍っていることもあり、とっても難しいです。直接乗せるとグリーンオーバーも多いので、ガードバンカーは避けましょう。安全サイドに常に打っていくのがポイントです。

雪が降っている、あるいは積もっているなかでもプレーせざるを得ないときがありますが、このときは赤のカラーボールなどを使うとGOODです。とはいえ、やはり雪の中では、なるべくならやめておきましょう。ムリをして怪我や肩&腰痛の危険を冒す必要はないですよ!コンペもこの時期に組むのは避けましょう。

まとめ

ラウンドに行く!といっても、季節によって随分とゴルフ場の雰囲気や準備することが違ってきます。とはいえ、そのシーズンにあわせた備えをきちんとしておけば、どんな時期でも案外楽しくプレーできますよ。

もちろんベストシーズンの春や秋にたくさんラウンドをするのも良いですが、あえて少しズラしたシーズンに行くと、ゴルフ場の料金がお得になっていたり、人が少ないので前後の組を気にすることなくゆったりラウンドできたりと、悪いことばかりでもありません。

せっかくゴルフを始めたなら、4つの季節の特徴をおさえて上手に付き合い、できるだけ長い期間ゴルフを楽しんじゃいましょう!

Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ラウンド
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール