自分のゴルフボールにはカワイイ目印を!~プレーに必要なアイテム~【ゴルフのキホン】

マーク 知識up

ナイスショット!を決め、ボールが遥か彼方へ飛んでいったけれど、ボールを最後まで追えなかったときってありますよね。

「だいたいこの辺りにボールが行った気がするんだけど…」と芝生の上をウロウロしていると、あった!自分のボールが!

と思ったのもつかの間、同じボールが近くに2つ並んでいたら、どちらが自分のボールか見分けがつきますか?私だったら、まず分かりません。。

でもご安心を。じつは見分ける方法があるんです!どんな方法かというと、事前に自分のゴルフボールに目印を付けておくんです。そうすれば、似た様なボールがあっても心配ありません。

そこで今回は、ボールに目印を付けておくことのメリットと、プレー時に必要な7つのアイテムをまとめてご紹介します。

Sponsored Link
Sponsored Link

他の人のボールを打つと反則

NG
プレーヤーは規則で許されていない限り、ティグラウンドからプレーしたボールでホールアウト(そのホールのプレーを終了すること)しなければなりません。

これはゴルフ競技のキホン原則なのです。【ゴルフ規則15条】

そしてプレー中、他人のボールを間違えて打つと「誤球のプレー」となり、これは2打罰の反則になってしまいます!OBでもないのに2打罰は、イタイですよね。。

自分のボールがアメリカ直輸入のブランド物であろうが、高級なボールであろうが、他のプレーヤーが同じブランド、同じ番号のボールを使っていることは珍しいことではありません。

これは自分のボールだと、胸を張って言えるようにしておくと安心ですよ。

自分だけの目印いろいろ♪

ゴルフボール
なにしろラウンドではなにが起こるかわからないので、自分のボールには自分のボールだと分かるように、ハッキリ目印をつけておきましょう!

ということで、みんなどんな目印をつけているかというと…

・自分のイニシャルや名前をローマ字で
・ニコちゃんマーク
・ブランド名のところを、ピンクなどの目立つ色でマーキング
・ハート❤マーク
・ボール用スタンプを押す
・ぐるりと一周の輪
(ボールにラインを入れておくと、とティショットやパットのときに目印として合わせらます)

他にも色々ありますが、十人十色です。自分の好きなマークでゴルフのモチベーションアップも図っちゃいましょう☆

プレーのときに必要な7つのアイテム

ゴルフボール
プレーするときに必要なアイテムは、ゴルフクラブやボールの他にもいろいろあります。1人がなにか忘れ物をすると、一緒にコースを回っている仲間や後続の組の人たちに、大変な迷惑をかけることも!?

スタートに当っては、必要なアイテムは11つ念入りにチェックして、ポケットに入れておくものは、ポケットにIN!カートに預けるものは、キャディさんに預けておきましょうね。

グローブ

当たり前といえば当たり前だけど、忘れちゃいけないアイテム☆
雨の日などは23枚用意しておくといいですよ。

ボールマーカー

ルールに従って、ボールを拾い上げるときにボールの位置をマークしておくための目印として使います。
忘れてしまっても、ゴルフ場に置いてあることがほとんどなので、何とかなっちゃいます。

ボール

OB・池ポチャなどでロストボールになることも。そんなときのためにも、最低5個以上は用意しておきたいですね。

ティペッグ

ティグラウンドで第1打を打つときに、ボールを乗せる台です。ドライバー用やアイアン用で高さが違います。ウッド製、プラスティック製とあるので、お好きなものをチョイスしてみてくださいね。

スコアカードと鉛筆

スコアカードには、自分の名前と同伴競技者3人の名前を記入します。カードも鉛筆もゴルフ場にあるので、事前準備は不要ですよ~。

グリーンフォーク

ボールの落下跡やスパイクの跡を直すための道具です。打ち上げたボールって意外とクレーターの様な跡が残ってしまうので、必須アイテムです。

タオルなど

夏の暑いとき、雨のとき、ちょっと泥で手が汚れてしまったとき、あると便利なのがタオル。1枚で、人が使う用とボールを拭く用にスペースが分かれているものもあるので、そういったものだととっても便利です!

まとめ

ゴルフボール
ビギナーさんだと、ボールに目印なんてつけて大丈夫なの!?!?と心配になる方もいるかもしれませんが、問題ナシですよ。

以前、ロストボールを買っていた頃は、買ったボールの中にマーク入のボールが沢山ありました。自分でマークを入れなくても、既にオリジナルボールになっていて、ちょっと面白かったのを覚えています。

また、プレーのときに必要なものは、季節によっても変わってきます。夏だったら冷感グッズ、冬だったらホッカイロ、なんて感じです。

ラウンドの前日に、自分がプレーしている風景を思い浮かべてみると、自然と必要なものって浮かんできたりするので、浮かんだらすぐに準備するかメモしておきましょう!あとで、と思っていると大抵忘れちゃうのがオチです。(経験談w)

Sponsored Link
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
知識up
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール