ショート・ミドル・ロング!知っているようで知らないホール3種

レディスゴルファー ラウンド

ラウンドをしていて、一緒にまわっている仲間が「このホールはショートだね」「ここはロングだなぁ」なんて話しているとき、ん?ショートって何?ロングってどれだけの距離があるの?と話についていけない人は必見!

ショート、ミドル、ロング、ティーグラウンドからグリーンまでの距離によって3タイプあるホールの違いをご紹介します。

グリーンまでの距離がわかると、そのホールをどう攻めるかのヒントになるので、クラブ選びも変わってきます。

ホールに合った戦略を立てて、ベストスコア更新を狙ってみてくださいね。

Sponsored Link

ショートホールとは

ショートホール

出典元:rakuten gora

ショートホールでは、1打でグリーンオンを目指しましょう!

レディースティーの場合、距離は100130ヤードくらいなので、初心者の女性でもティーショットでグリーンに届く可能性があります。

ただし、ショットの方向性が問われるので、油断禁物。距離が短い分、打った方向が命取りになることも。

1打でグリーンにのせて、2パットでカップインする「パー」のスコアを目標にしましょう。

女性:~210ヤード パー:3

ミドルホールとは

ミドルホール

出典元:rakuten gora

ゴルフ場の18ホール中、ミドルホールは10ホールあります!

ミドルホールは1コースに10ホールあり、最も多いタイプです。

他のホールに比べて距離に差があるのも特徴で、同じパー4でも2倍近く違うことも?!

2打でグリーンオンできるようになると、良いスコアにつながります。

女性:211400ヤード パー:4

ロングホールとは

ロングホール

出典元:rakuten gora

コースの形は真っすぐとは限らない!?

コースは真っすぐな形だけではなく、左や右に折れ曲がっているものもあります。幅の広さや芝の状態もコースにより違います。

2打目以降もカップまでの距離があるため、ドライバーの次に飛距離がでる、フェアウェイウッドやユーティリティが活躍するホールです。

ロングホールのティーショットは、できるだけ飛ばしたいと思うのが世の常。とはいえ、決まって想いとは裏腹に、力んでミスが出てしまいがちなので、リラックスして臨みましょう。

女性:401ヤード~ パー:5

おまけ

ゴルフで使う単位はヤード

ゴルフで使う距離の単位は「ヤード(yd)」です。イギリスやアメリカでよく使われていたことがルーツと言われています。

1ヤードは0.9144mで、だいたい大また一歩くらい。

どのクラブが何ヤード飛ぶのか自分の飛距離を把握できたら、ピンまでの距離によってクラブを使い分けましょう!

まとめ

レディスゴルファー

出典元:GDO

ホールは、ティーグラウンドからグリーンまでの距離によって3タイプに分けられ、それぞれのホールには、35のパー(規定打数)が設定されています。

18ホールのゴルフ場では、通常ショートホールが4ホール、ミドルホールが10ホール、ロングホールが4ホールという構成で、1ラウンドのパーは合計72となっています。

ゴルフ場によっては、ロングホールが3ホールでパー71のところもありますよ。

これで、よくテレビなどで見聞きする「パー3」や「パー4」、「パー5」の意味もバッチリですね!

Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ラウンド
Maiをフォローする
女性のためのゴルフ情報サイト 芝ガール